優心カイロプラクティックのブログ

ブログ

寒暖差疲労とは自律神経が影響します

めまい , 不眠症 , 健康関連 , 腰痛 , 自律神経失調症 , 頭痛
2021年02月12日

こんにちは

京都は緊急事態が継続していますが少しコロナ感染者は減ってきてますね。まだ油断は出来ませんが...

さて今日は寒暖差アレルギーについて書いてみます。

最近は暖かくなったり寒かったりと気温差が大きくなっています。

温度差が大きくなると咳や鼻水が出たり、体がダルくなるといった事が起きていませんか?

そのような症状が出ると寒暖差によるアレルギーかもしれません!

1日の温度差が7℃以上あると起こりやすいです。

原因は自律神経の乱れによると言われています。

風邪や花粉症とも似た症状なので解りにくいですが、発熱がなく、透明な鼻水が出て目のかゆみや充血が無いです。あとは食欲が無かったり胃腸の問題や頭痛、不眠、イライラがあります。

予防法は自律神経が乱れないように生活することです。

①身体をあたためる ゆっくりお風呂につかる

服装で体を冷やさないように気をつける。

②散歩をしたり、体操をしたり軽い運動を心がける。

③睡眠をしっかりとる

④睡眠時に朝の気温が下がる事を想定して寝る服装を変える。

⑤食生活に気をつける

暖房の効いている部屋にいても冷たい飲み物や食べ物を食べていると内蔵が疲れてしまいますのでほどほどに...

疲労回復の為ビタミンB群の多く入っている豚肉や卵をしっかり食べるようにする。

気温変化は自律神経に大きく影響して知らない間に疲れが溜まってしまいます。そんな難しい事でなく少し注意していくことで予防になりますので意識してみてくださいね。

 

 

頭痛、めまい、腰痛、肩こり 自律神経のセルフケア

パニック障害 , 不眠症 , 健康関連 , 自律神経失調症 , 頭痛
2020年10月26日

当院では自律神経のバランスが乱れて体調不良をうったえて来院される方が多くおられます。。

自律神経は身体全体に関係していて調整をしています。

よくある症状はめまい、頭痛、吐き気や動悸や、生理不順、冷えのぼせ、関節の痛み、腰痛、肩こり

お腹の調子が悪かったり、発汗、不安感や眠れないなどいろんな症状に関係しています。病院に行っても原因がわからず単なるストレスで済まされたりされています。

特に女性は月経や更年期によるホルモンバランスが影響してきます。

そこで簡単に出来る自律神経のケアをご紹介します。

①大きくゆっくり深呼吸をする

身体が緊張すると呼吸も浅くなり自律神経の交感神経が活発になります。

深呼吸したり、ヨガや瞑想をするのもいいと思います。

今流行のアニメ鬼滅の刃でも呼吸を非常に大事にして技を出してますね^^

②睡眠時間をちゃんととる

本来は眠ることで疲労を回復して修正していきます。

と言ってもなかなか寝付けなかったり睡眠が浅かったりで睡眠の質が良くない人が多いですね。

③朝起きて朝日をあびる。

体内時計がリセットされます。

ウォーキングなんかしながら太陽の光にあたれるといいですね。

あとは栄養も関係してくるのでまた食事についても書きたいとおもいます。

おかげさまで14周年を迎えました

お知らせ
2020年07月15日

おかげ様で優心カイロプラクティックは今月14周年を迎えました。

皆様に支えられ育てられ長年院を継続出来ている事に大変感謝しています。

本当にありがとうございます。

優心と名付けたのは身体のことで困っていたり悩んでおられる方の症状が良くなって喜んでもらいたい、笑顔になってもらいたい、優しい気持ちを持って治療に取り組みたいという想いで名付けました。

もちろん今もその想いは変わりません!

まだまだこれからも向上心を持って皆様に貢献していけるように努めますのでよろしくお願い致します。

最後にまだまだ世界中でコロナウイルスが蔓延していて多大な影響がありますが予防の徹底と免疫を上げるようにしてお気をつけくださいね。

 

次ページへ »« 前ページへ