優心カイロプラクティックのブログ

ブログ

秋の体調不良と自律神経の乱れ

パニック障害 , めまい , 不眠症 , 健康関連 , 腰痛 , 自律神経失調症 , 頭痛
2021年10月11日

こんにちは優心カイロプラクティック徳山です。

今年は10月なのに異常な暑さが続いていて、いつまで暑いねん!となりますよね。

自律神経のバランスが乱れ体調を崩しておられる方がたくさんおられます。

具体的な症状としては身体のダルさや頭痛、耳鳴り、不安感やイライラ、ぎっくり腰、頚の寝違いなど

いろいろな症状で来られています。

体調チェック(こんな人は要注意)

*クーラーの効いている部屋に長時間居る事が多い

*冷たい飲み物や食べ物を好む

*シャワーで済ます事が多い

*睡眠は薄着で寝ている。

*胃腸が弱い

*暑さ寒さに弱い

原因としては

寒暖差が大きく気温変化に身体がついていけず自律神経が乱れ調子を崩していることが多いです。

それと夏にクーラーや冷たい食べ物、飲み物の採り過ぎ身体が冷え胃腸の機能が低下していてそれがそのまま秋になっても続いてしまっている。

あと、段々と日が暮れるのが早くなって気分が落ち込みやすく注意が必要です。

対策としては

38℃くらいのぬるめのお風呂にゆっくり浸かる(熱いお風呂は交感神経を刺激し返って疲れが取れにくくなります)

睡眠前に部屋の換気をしておき朝の気温が下がる気温差を減らすようにします。

また寝るときの服装にも注意して気温変化に対応出来るように心がけてください。

後は身体を冷やさない食べ物を食べるように気をつけてください。

 

雨の日に頭痛がひどくなりませんか?その理由とは栄養が足りてないかも

パニック障害 , めまい , 不眠症 , 健康関連 , 腰痛 , 自律神経失調症 , 頭痛
2021年07月14日

長引く梅雨の時期、身体のだるさや頭痛が起きたりしませんか?

毎日のように雨が降りむしむしジメジメして嫌な時期ですね。

頭痛が起きる理由とは低気圧が来ると身体の中と外の圧力を同じにしようとして血圧が下がります。

脳に必要な栄養(タンパク質、ブドウ糖、ビタミン、、ミネラル)が不足していると脳が栄養不足にになります。

そうなると脳に十分な血液が行かなくなります。身体を動かすと体の方へ血流がいきます。

そこで脳は一生懸命にがんばって血管を拡げ血流を確保しようとします。

脳に行く血液を優先する為にに身体の動きを制限しようとして頭痛やめまいなどの症状を起こします。

特に頭痛が起きやすい人の特徴は

⊛ 運動不足で低血圧で栄養不足

⊛ 降圧剤を使用して栄養不足

⊛ 自律神経が乱れていて身体が気候や環境についていけない。

⊛ ストレスを抱えイライラしている

⊛ 睡眠の質が良くない

⊛ 忙しくバタバタしている

⊛ お酒をよく飲む

しっかり食べていてもご飯や麺類など糖質が多かったりしてタンパク質が不足すると実は栄養不足になりますのでご注意ください。

卵やお肉などを食べてタンパク質をしっかり摂るようにして栄養状態を良くして適度な運動と質の良い睡眠を心がけてくださいね。

そして自律神経を調整して気候の変化や環境に対応できる身体になっていけるといいですね。

 

 

寒暖差疲労とは自律神経が影響します

めまい , 不眠症 , 健康関連 , 腰痛 , 自律神経失調症 , 頭痛
2021年02月12日

こんにちは

京都は緊急事態が継続していますが少しコロナ感染者は減ってきてますね。まだ油断は出来ませんが...

さて今日は寒暖差アレルギーについて書いてみます。

最近は暖かくなったり寒かったりと気温差が大きくなっています。

温度差が大きくなると咳や鼻水が出たり、体がダルくなるといった事が起きていませんか?

そのような症状が出ると寒暖差によるアレルギーかもしれません!

1日の温度差が7℃以上あると起こりやすいです。

原因は自律神経の乱れによると言われています。

風邪や花粉症とも似た症状なので解りにくいですが、発熱がなく、透明な鼻水が出て目のかゆみや充血が無いです。あとは食欲が無かったり胃腸の問題や頭痛、不眠、イライラがあります。

予防法は自律神経が乱れないように生活することです。

①身体をあたためる ゆっくりお風呂につかる

服装で体を冷やさないように気をつける。

②散歩をしたり、体操をしたり軽い運動を心がける。

③睡眠をしっかりとる

④睡眠時に朝の気温が下がる事を想定して寝る服装を変える。

⑤食生活に気をつける

暖房の効いている部屋にいても冷たい飲み物や食べ物を食べていると内蔵が疲れてしまいますのでほどほどに...

疲労回復の為ビタミンB群の多く入っている豚肉や卵をしっかり食べるようにする。

気温変化は自律神経に大きく影響して知らない間に疲れが溜まってしまいます。そんな難しい事でなく少し注意していくことで予防になりますので意識してみてくださいね。

 

 

次ページへ »